中国建材をもちいて、ローコスト住宅を製造するという考え方は、非常に面白い考え方です。

中国でもモジュラー住宅や、コンテナハウスの製造がブームになってきています。かつてのレンガを積んだ家づくりから、建物は、モジュラー化画どんどん進んでいます。建築工期の短縮と、工場生産することで現場施工を簡素化するということが目的。また、コストを下げるという意味でも価値があります。

結論をいれば、建築コストを最大限抑えるには、ラインで製造した建物をキットとして現場に輸送して、現場で簡易に組み立てることができることが住宅コストの削減につながります。

中国製のモジュラー建築物もアイデア次第で面白い考え方ができるとおもいます。