今日は、貿易業務の打ち合わせ、関西の新店舗キャバクラ兼クラブの店舗内装材、家具、インテリア、照明などの打ち合わせ、中国メーカーからいろいろ仕入れるためにメーカと商談しています。中国からの建材家具やインテリアのなどの仕入れ代行の仕事は、2004年からはじめていますが、随分ながいことやっています。もう15年ですね。考えてみたらいろんな案件行いました。中国仕入れの業務も簡素化しようと上海に流通倉庫だけ契約して、上海近郊で発注した荷物を集めて、出荷できる体制は作っています。
上海、華東地区以外から出荷する荷物は、基本、メーカーから近い港を利用して日本向けに出荷しています。

この仕事はニーズがあるので継続できているのだとおもっています。特に、派手な特注ものは、中国が得意としている分野です。輸入住宅や、店舗の内外装には、中国メーカーから仕入れるのはなかなかいいです。

上海に留学して、たまたまこの仕事をすることになったのですが、貿易は地域特性を利用すればいろいろ面白いことができますね。