(太陽光発電とコンテハウス)

やはり、究極を言えば、電気がなくても住める災害対策住宅を作ることが夢ですね。今は、省エネでできる弱電力商品が増えてきているので、空調施設以外は、高い消費電力を使わなくてもモバイルバッテリーレベルでつかるものが増えています。

太陽光発電と蓄電池を組み合わせて、完全に自宅で電力をまかなえる家づくりというものが、ほぼ可能になってきています。
ただ、問題は、蓄電池があるにはあるのですが、寿命と値段のバランスがまだ、割高ということもあります。

しかし、技術的には、かなりいい線まできています。私の提案としては、究極、電気は、自家発電、建物は、コンテナハウスでユニット化、究極いえば、建物もボルト接続をメインにしているコンテナハウスですので、移動もできる、、、そんな住宅、「災害対策住宅を提案していきたい!」という考えがあります。