建材家具ドットコム|中国建材|中国家具|コンテナハウス|太陽光発電|激安|格安仕入れ|TEL03-4523-8555 ㈱ジャシボマーケティング

中国建材・中国家具・中国インテリア・中国からの商品買い付け・発注のお手伝いをいたします。アリババサイトからの購入サポート実施中【メーカーとの交渉、貿易手続き一式サポートします】ー中国貿易コンサルティング

月別: 2020年12月

モジュラーハウス、コンテハウスの重要が高まっています。 

動かせるものが大切な時代になる。

さて、建物といえば、基本的には動かないもの、固定するものという印象が強いです。税金を見ても「固定資産税」という単語を使っています。建物は固定した資産ということになります。

 

 

しかし、コンテナハウスなどのモジュラーハウスが普及すれば、土地は固定していますが、建物は、分解して動かせるものになります。パネルとフレームの組み合わせだけで建物を作っていく。

 

最近は、中国からコンテナハウスやモジュラーハウスを輸入してほしいという相談が増えています。確かに、値段も安く組み立て式の建物ですと、長期間住むためでなく、必要に応じて引っ越しを考えるような建物、特に商用目的で使う建物などは、用途に合わせて組み立て、連結、また、移動ができる建物のニーズが今後益々ましていくと思います。

 

事務所などでコンテナハウスを検討している方も多くいます。中国メーカーのものは、大臣認定をとっていないために2階建てにするのは、難しいですが、1階建てならそれほど強度計算が必要がないので、設置可能だと思います。詳しきは、設計士に確認をしていただきたいのですが、中国には、簡単に移動できるモジュラー住宅、コンテナハウスメーカーは、無数にあります。

 

私どもの何箇所か日本に輸出経験のある中国メーカーと付き合いがあります。中国建材、家具以外にも、モジュラーハウスの輸入を検討際はご相談ください。

 

中国仕入れのの無料相談随時おこなっています。

【代表ブログ】中国との取引の状況

建材家具ドットコムの小谷です。今年は、コロナの影響で中国に直接出向いて中国建材を仕入れに行くことができませんでしたが、アリババサイトや中国の検索サイト「百度」などを用いて中国建材メーカーを探し、新たに新規の取引作開拓を行って、いくつかの取引を行いました。

 

最近は、アリババサイトに掲載されているメーカーでも、約束を守って取引をしてくれるメーカーがほとんどになりました。やはり、ネット監視社会がかなり厳格に行っている中国だからといえるのではないでしょうか?私は、今から23年前に上海に留学していたときは、結構ひどいなと思うことがありましたが、この20年間で中国は別世界になりました。20年ですよ。

 

特に、人の信用というモラルは、非常に向上しました。

昔は絶対に、現地を見に行って、人物や向上などを見学をして取引ができるかを確認してからでなければ取引をすることがなかったのですが、今は、支払いをしたが商品が届かなかったという事故は、ありません。

 

私自身は、日本人として中国貿易代理店としての商売を行っていますが、すべて現地との交渉は、私自身が中国語使って現地のメーカー、職人と交渉しています。よって、話が通じていますので、相手の言う状況について理解をしています。そうしているので、問題が少なくなるのかと思います。

 

2004年に上海で貿易代理店を起業したときから基本的にはすべて中国メーカーとの交渉は私自身中国語を使って直接交渉をしています。やはり、代理人がまた別の第三者に委託して作業をすれば、本当に何が起こっているか理解できなくなります。

 

外国企業であっても直接現地の言葉を使って話し合いをすれば心は通じるものです。中国に対して日本の報道見ていると敵対する話が多いのですが、私は、中国に15年以上住み、中国ビジネスを20数年行っているものとしては、日本でも中国でも同じ感覚で仕事ができますの、違和感なく作業ができるのかもしれません。人の心と感覚というのは、特に国際取引をする上では非常に重要になるかと思います。

 

現在、中国への渡航は難しくなっていますが、物流、コンテナ輸送は問題なくできていますので、中国からの仕入れは問題なくできます。中国貿易についての無料相談を随時おこなっていますので、中国仕入れでお困りの場合はご相談ください。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén